お知らせ

  • <ブログの著作権について>
    ブログ「ゆうばがわワールド」の著作権は、運営者のゆうばがわに帰属します。このブログの写真や文章の無断引用・無断転載は、著作権法にもとづき禁じられています。 こちらに何の連絡もなく、写真や文章、取材内容を無断で利用して記事を作成するような、キュレーションメディアやブログ等への引用・転載は、固くお断りします!!! このブログの写真や記事の引用を希望される場合は、トラックバックやコメント欄にて必ずご連絡下さい。掲載の際はリンク先に「ゆうばがわワールド」を明記して頂くようお願いします。 © yuubagawa All Rights Reserved.

« 2015年 謹賀新年♪   | トップページ | 思わぬ展開にびっくり!!みんなの球磨焼酎・利き酒大会@東京 »

2015年1月17日 (土)

がんばれ受験生!「一勝地駅」のお守りで必勝★合格祈願

大学入試センター試験が始まり、本格的な受験シーズンの到来ですね。全国の受験生の皆さん、ベストを尽くして頑張ってください!!

1

(↑写真の記念入場券は、このブログを応援してくださっている球磨村在住の方から頂きました。私の大切なお守りです^^)

受験シーズンに縁起の良いお守りとして根強い人気を誇るのが、JR肥薩線「一勝地駅」の切符です。昨年8月18日に記念入場券が13年ぶりにリニューアルされた時もこのブログでご紹介しました。

http://yuubagawa.cocolog-nifty.com/hisatsusen/2014/08/post-00be.html

今回はあらためて、「一勝地駅」の切符の購入方法をおさらいしてみましょう。

2

地に足をつけて、まず一勝を。この季節には、多くの人が記念入場券を買い求めてJR肥薩線の「一勝地駅」に訪れます。

記念入場券は、「一勝地駅」に隣接する球磨村観光案内所(☎0966-32-0019)で販売されています。1枚あたり160円で、ラミネート加工をしてもらう場合は200円です

入場券の日付けは受験日や試合の日など、希望の日付けにしてもらうこともできます。

P1080684

ここで記念入場券を購入した人は、列車のすべり止めに使われている砂「砂ita(さいた)」がもらえるという、縁起の良いプレゼントもあります。

球磨村観光案内所の人の話によると、「一勝地駅」の記念入場券は今年1月に入ってからすでに2000枚以上も売れているそうです。

3

前進あるのみ!!

4

遠方にいる人は、電話で記念入場券の購入申し込みをすることが可能です。この場合の決済方法は現金書留のみとのこと。

磨村観光案内所☎0966-32-0019)に電話で希望枚数を申し込む。受付窓口は、平日の午前8時30分~午後5時15分まで。

現金書留で記念入場券の枚数に応じた金額と、返信用封筒(返信先の宛名と住所を記入し、必要金額に応じた切手を貼付)を郵送する。

※返信用封筒に貼る切手の金額は、購入枚数や「砂ita」の数によって変わるので、電話申し込み時に確認してくださいね。  

<送付先>球磨村観光案内所 〒869-6403 熊本県球磨郡球磨村一勝地甲379-1 

6_2

ちなみに3月5日まで一勝地駅周辺では、「必勝合格祈願の旅」というキャンペーンを実施中だそうです。一勝地駅に立ち寄ったついでに、「「勝つ」にちなんだ縁起の良いスポットや食べものを楽しむならば、詳しくはこちらをどうぞ。 

5

このほか、JR人吉駅の窓口でも一勝地駅の記念入場券が購入できます!こちらは記念入場券のみの販売で、ラミネート加工はないそうです。

JR人吉駅(☎0966-22-4011)の窓口での販売時間は、

午前6時15分~10時45分と、午前11時30分~午後5時まで(年中無休)。

地に足をつけて、まず一勝を。

受験生のみなさん、くれぐれも体調に気をつけてご健闘を祈ります♪

※ブログ「肥薩線くまてつ応援団」の著作権は、運営者のゆうばがわに帰属します。このブログの写真や文章の無断引用や無断転載はご遠慮下さい。内容を引用される場合は、トラックバックやコメント欄にてご連絡頂けると嬉しいです。
©2014-2015 yuubagawa All Rights Reserved.

« 2015年 謹賀新年♪   | トップページ | 思わぬ展開にびっくり!!みんなの球磨焼酎・利き酒大会@東京 »

JR肥薩線 川線」カテゴリの記事

一勝地駅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ受験生!「一勝地駅」のお守りで必勝★合格祈願:

« 2015年 謹賀新年♪   | トップページ | 思わぬ展開にびっくり!!みんなの球磨焼酎・利き酒大会@東京 »