お知らせ

  • <ブログの著作権について>
    ブログ「ゆうばがわワールド」の著作権は、運営者のゆうばがわに帰属します。このブログの写真や文章の無断引用・無断転載は、著作権法にもとづき禁じられています。 こちらに何の連絡もなく、写真や文章、取材内容を無断で利用して記事を作成するような、キュレーションメディアやブログ等への引用・転載は、固くお断りします!!! このブログの写真や記事の引用を希望される場合は、トラックバックやコメント欄にて必ずご連絡下さい。掲載の際はリンク先に「ゆうばがわワールド」を明記して頂くようお願いします。 © yuubagawa All Rights Reserved.

« くま川鉄道の鉄道遺産、国の登録有形文化財になる日が待ち遠しい♪ | トップページ | 肥薩線一勝地駅、人気の記念入場券が13年ぶりにリニューアル♪ »

2014年8月 1日 (金)

8月の平日が狙い目♪懐かしの「はやぶさ」に泊まれるブルートレインたらぎ

2009年3月、多くの鉄道ファンに惜しまれながら引退した寝台特急「はやぶさ」。

かつて東京~熊本間を走っていたその「はやぶさ」の車両を活用し、1泊3080円で懐かしの寝台特急気分を味わえるのが、くま川鉄道の多良木駅ホームの隣にある「ブルートレインたらぎ」です。平日ならば、夏休み中もまだ宿泊に空きがあるようなので、「田園シンフォニー」に乗った帰りに途中下車をしてみるのもいいかも。

Img_1987

今年の春、初めて「田園シンフォニー」に乗った時に、多良木駅で青い屋根に覆われた気になる列車を見つけました。「あれ?こんなところにブルートレインがある!」。

数年前、テレビで東京と九州を結ぶ夜行列車が廃止になるというニュースを見たことを思い出しました。「はやぶさ」が消えちゃうんだ・・・。私は東京で長年暮らしているのに、なんでもっと「はやぶさ」に乗らなかったんだろうとちょっぴり後悔したんです。まさかこんなところでブルートレインに会えるなんて!!しかも、素泊まりの宿泊施設に生まれ変わっていたのです。

P1070472

「ブルートレインたらぎ」は、多良木駅前の踏切を渡ってすぐのところにあります。せっかくなので「ブルートレインたらぎ」のなかを見学させて頂きました。

Img_1984

「ブルートレインたらぎ」は、2010年7月にオープンしたそうです。

2009年3月まで東京~熊本間を走っていた寝台特急「はやぶさ」の車両のうち、3両を多良木町がJR九州から購入し、当時の面影をそのままとどめる形で簡易宿泊施設としてリニューアル。受付の方の話によると、これら3つの車両は人吉駅から3日間かけて多良木までトレーラーで移送したそうです。

Img_1986

雨ざらしにならないよう、3つの車両(スハネフ14-3、オハネ156、オハネ15-2003)は屋根にきちんと覆われています。

Img_1988

中央の車両につながる階段がエントランス。入ってすぐ右手の2号車には受付があり、宿泊者の交流スペースになっています。車内には懐かしい写真や資料なども飾られていて、通路の共有部分にあるトイレなどの水回りも清潔にリニューアルされています。

Img_1990

素泊まりが基本の簡易宿泊施設なので、ホテルや旅館のようなサービスはないけれど、大人1人あたり1泊3080円という手頃な価格が魅力♪ 遠方からやってくる鉄道ファンのほか、家族連れや帰省のために利用する人も多いそうです。宿泊する際はお互いに快適に滞在できるよう、くれぐれも公共のマナーは守りましょう!

Img_1989

1号車と3号車の宿泊スペースには、かつての寝台特急そのままの雰囲気が漂っています。二段ベッドタイプと個室タイプの2種類があって、料金はどちらも同じとのこと。予約時に個室タイプか二段ベッドタイプかをあらかじめリクエストできるそうです。気になる人はホームページで空室状況を要チェック♪

Img_1992

お風呂は「ブルートレインたらぎ」のすぐ向かい側にある多良木町ふれあい交流センター「えびすの湯」という施設を利用できます。宿泊料金のなかにこの温泉の入館料も含まれています。食事は近隣の飲食店やスーパー、コンビニなどを利用する人が多いようです。

Img_1993

寝台特急「はやぶさ」を見て、高校時代の修学旅行で初めて東京に行った時のことをふと思い出しました。ワクワクしながら初めて行った東京。あまりの人の多さや、歩くスピードの速さに驚いて、山手線や地下鉄の乗り換え方もさっぱりわからなくて戸惑うことだらけ。建ち並ぶ巨大なビルを見上げて、東京の空はグレー色で狭いなあと感じたことを覚えています。東京ディズニーランドでは、みんなで時間を忘れてはしゃいだっけ・・・。当時はまさか東京で暮らすことになるなんて思ってもみませんでした。

修学旅行で東京から熊本まで寝台特急にガタンゴトンと揺られて帰る途中、移ろいゆく窓の景色を眺めながら、東京は遠い別世界のように感じました。関門トンネルを抜けて九州に入り、熊本駅で鈍行列車に乗り換えて、肥薩線の窓から美しい緑の山々や球磨川を見た時、ものすごくほっとしました。人吉駅に着くと母が迎えにきてくれていたのが何よりも嬉しかったことを覚えています。

東京みたいに巨大な建物やきらびやかなものは何もないけれど、ここにいて空気を吸うだけで、心からほっとできる場所が自分なりに確認できたというか。「やっぱりふるさとっていいなあ」、その時私は初めてそう思いました。

夜行列車には、人それぞれにいろいろな思い出があります。「ブルートレインたらぎ」に泊まってたまにはそんな思い出をたどる旅もいいかもしれませんね。

« くま川鉄道の鉄道遺産、国の登録有形文化財になる日が待ち遠しい♪ | トップページ | 肥薩線一勝地駅、人気の記念入場券が13年ぶりにリニューアル♪ »

旅行・地域」カテゴリの記事

くま川鉄道」カテゴリの記事

ブルートレインに泊まる」カテゴリの記事

コメント

下園さん、コメントありがとうございました!!
さっそくブログを見てくださって嬉しいです。

東北の旅、お気をつけて楽しんできてくださいね。
そして、機会があればいつか田園シンフォニーにも♪
すてきなひとときを楽しめるので、ご家族での旅にもおすすめですよ~
私もマイペースでブログ更新がんばります。

こんばんは。本日(10/11)、日比谷公園の鉄道フェスティバルでお話を伺った自称「鉄ちゃんではない」者です。ブログをされてるとのことでしたので、見に来ました。
まだよく拝見してませんが、なるほど〜たくさんの記事から地元愛が溢れてますね。
私は当面、東北方面へ旅する予定ですが、九州へ帰ったらくま川鉄道、家族で乗りたいです。これからもくま川鉄道の良さを東京で広めてください。
それでは失礼します。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« くま川鉄道の鉄道遺産、国の登録有形文化財になる日が待ち遠しい♪ | トップページ | 肥薩線一勝地駅、人気の記念入場券が13年ぶりにリニューアル♪ »