お知らせ

  • <ブログの著作権について>
    ブログ「ゆうばがわワールド」の著作権は、運営者のゆうばがわに帰属します。このブログの写真や文章の無断引用・無断転載は、著作権法にもとづき禁じられています。 こちらに何の連絡もなく、写真や文章、取材内容を無断で利用して記事を作成するような、キュレーションメディアやブログ等への引用・転載は、固くお断りします!!! このブログの写真や記事の引用を希望される場合は、トラックバックやコメント欄にて必ずご連絡下さい。掲載の際はリンク先に「ゆうばがわワールド」を明記して頂くようお願いします。 © yuubagawa All Rights Reserved.

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月20日 (日)

くま川鉄道の鉄道遺産、国の登録有形文化財になる日が待ち遠しい♪

くま川鉄道沿線にある19件の鉄道関連施設がもうすぐ国の登録有形文化財(建造物)になるそうです!!

7月18日付けの文化庁ホームページの報道発表資料によると、
国の文化審議会(宮田亮平会長)は、7月18日に開催された文化財分科会での審議・議決を経て、新たに166件の建造物を国の登録有形文化財(建造物)に登録するよう文部科学大臣に答申したそうです。今回の答申の対象となった熊本県内の建造物は23件。このうち19件は、湯前駅本屋や球磨川第四橋梁などを含めたくま川鉄道沿線にある鉄道関連施設なのです。

1_2

くま川鉄道の前身である旧国鉄湯前線は、1924年(大正13年)に人吉駅~湯前駅間で開業。今年で90年を迎えます。沿線には開業当時の面影をとどめる湯前駅の駅舎や球磨川第四橋梁など、地域とともに歴史を刻み続けてきた鉄道遺産が数多く残っています。

今回答申されたこれらの鉄道関連施設は、数ヵ月以内に国の登録有形文化財として文化財登録原簿に登録され、官報に告示されるとのこと。くま川鉄道にとって嬉しい90歳のバースデイプレゼントになりそうです。

続きを読む "くま川鉄道の鉄道遺産、国の登録有形文化財になる日が待ち遠しい♪" »

2014年7月 1日 (火)

人吉の「新温泉」、時空を超えるレトロな銭湯体験が新鮮

人吉球磨地方には、良質の湯がこんこんとわき出るすばらしい温泉がたくさんあります。今回はゆうばがわのオススメ温泉のひとつをご紹介したいと思います。

JR肥薩線人吉駅から歩いて7~8分ぐらいのところに「新温泉」という、たまらなく渋い銭湯があります。現在、人吉市内には昔ながらの公衆温泉のほか、旅館やビジネスホテルを含めると約30件の立ち寄り温泉があるのですが、そのなかでも「新温泉」は入湯料300円で時空を超えるディープな銭湯体験ができるのです。

1

「新温泉」は、昭和6年(1931年)に創業。戦前に建てられた姿がそのまま現存し、80年以上にわたって地元の人たちの暮らしに密着してきた貴重な公衆温泉です。

続きを読む "人吉の「新温泉」、時空を超えるレトロな銭湯体験が新鮮" »

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »