お知らせ

  • <ブログの著作権について>
    ブログ「ゆうばがわワールド」の著作権は、運営者のゆうばがわに帰属します。このブログの写真や文章の無断引用・無断転載は、著作権法にもとづき禁じられています。 こちらに何の連絡もなく、写真や文章、取材内容を無断で利用して記事を作成するような、キュレーションメディアやブログ等への引用・転載は、固くお断りします!!! このブログの写真や記事の引用を希望される場合は、トラックバックやコメント欄にて必ずご連絡下さい。掲載の際はリンク先に「ゆうばがわワールド」を明記して頂くようお願いします。 © yuubagawa All Rights Reserved.

« 肥薩線さくら紀行:山線編その④ 大畑~人吉 | トップページ | 肥薩線さくら紀行:川線編その② 渡~一勝地 »

2014年4月17日 (木)

肥薩線さくら紀行:川線編その① 人吉~西人吉

木綿葉川(ゆうばがわ)の肥薩線さくら紀行・川線編その①

人吉駅では駅弁やまぐちの菖蒲(しょうぶ)さんがホームに立ち、いつまでも見送ってくださった。

P1070563

菖蒲さんの心温まる笑顔と、凛々しい立ち姿は昔からずっと変わらない。その笑顔に会いたくて、国内外からはるばる何度もここまで足を運ぶファンもあとを絶たないという。菖蒲さんが腕に抱えていらっしゃる駅弁を入れた木箱は、かなりの重さだ。ためしに私も木箱を抱えさせて頂いたが、想像以上にずっしりときた。菖蒲さんがここで駅弁を売り続けて45年、人吉駅の看板として歩んできた歴史や、数々の出会いがこの木箱の重みに凝縮されていると思った。

菖蒲さん、これからもお元気でいてくださいね。またお会いできる日を楽しみにしています♪

P1070565

春休み期間ということもあり、「SL人吉」は満席で予約が取れなかった。人吉駅から肥薩線八代方面行きの普通列車に乗りかえる。ここからは球磨川に寄り添いながら走る川線の美しい風景に変化していく。

P1070568

西人吉駅(熊本県人吉市)を通過してまもなくすると、見事な桜のトンネルが広がる。この景色が久しぶりに見たかった!!!!!しかもまさに満開という嬉しいタイミング。私がティーンエイジャーだった頃、汽車に乗ってこの桜のトンネルをくぐり抜ける時は、「赤毛のアン」のワンシーンがいつも頭のなかに浮かんでいた。当時に比べると樹齢を重ねた分、桜の木々の枝ぶりも立派になったなと思う。この季節ならではの人気スポットを久しぶりにわくわくしながら通過する。

P1080019

↑こちらは桜の花のピークが過ぎた数日後、再び車窓から撮影。

P1080017_4

↑これも車窓から撮影。

P1070716

桜のトンネルは西人吉駅~渡駅の間にあり、特別養護老人ホーム「龍生園」の敷地に隣接している。 この道路沿いは「駐停車禁止」となっている。後日、この周辺を歩いてみたところ、雨が降っていたので列車が通らない時間帯は人影もまばらだった。いつもならばこの季節は、SL人吉と桜並木の写真を撮影するために全国からやってくる鉄道愛好家や、地元の花見客などでとても混雑する。

P1070735

昔はもっとのんびりと桜を眺めるような場所だったが、桜のトンネルとSL人吉のコラボが楽しめる人気のスポットとなったゆえに、今はあちこちに警告や注意書きの看板が目立つ。訪れる際には、周辺で暮らす住民の方々や鉄道の安全運行に迷惑をかけないよう、マナーや配慮を忘れずに。

« 肥薩線さくら紀行:山線編その④ 大畑~人吉 | トップページ | 肥薩線さくら紀行:川線編その② 渡~一勝地 »

旅行・地域」カテゴリの記事

JR肥薩線 川線」カテゴリの記事

人吉駅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肥薩線さくら紀行:川線編その① 人吉~西人吉:

« 肥薩線さくら紀行:山線編その④ 大畑~人吉 | トップページ | 肥薩線さくら紀行:川線編その② 渡~一勝地 »