お知らせ

  • <ブログの著作権について>
    ブログ「ゆうばがわワールド」の著作権は、運営者のゆうばがわに帰属します。このブログの写真や文章の無断引用・無断転載は、著作権法にもとづき禁じられています。 こちらに何の連絡もなく、写真や文章、取材内容を無断で利用して記事を作成するような、キュレーションメディアやブログ等への引用・転載は、固くお断りします!!! このブログの写真や記事の引用を希望される場合は、トラックバックやコメント欄にて必ずご連絡下さい。掲載の際はリンク先に「ゆうばがわワールド」を明記して頂くようお願いします。 © yuubagawa All Rights Reserved.

« 肥薩線講演会、2月2日に吉松で開催 | トップページ | 「田園シンフォニー」に乗ってみたい♪ »

2014年1月31日 (金)

手書きのぬくもり「鉄聞」

こんばんは、木綿葉川(ゆうばがわ)です。今日もこのブログに訪れてくださってありがとうございます。

P1060789

みなさんは「鉄聞(てつぶん)」というフリーペーパーをご存知でしょうか?「鉄聞」はJR九州東京支社が毎月発行している手作りの新聞で、1月24日付けの最新号では、「肥薩線の川線と山線の旅」がテーマとなっています。

ぬくもりあふれるイラストと肥薩線の素朴な魅力がとてもマッチしていて、見るだけでほのぼのと心が和みます。「鉄聞」は今どき珍しいアナログなスタイルの新聞です。A4サイズ1枚にまとめられたイラストや文章はすべて手書き、写真も切り貼りして作るというハンドメイドの情報媒体であることがむしろ新鮮で、読み手との距離をより近いものにしているように感じます。

2011年8月から発行を始めたそうで、今回が19号目。東京都内では九州各県のアンテナショップや鉄道模型店などに置かれています。関東近郊の鉄道ファンなどの間でも話題になり、2013年12月には日本フリーペーパー振興協会が開催する「日本フリーペーパー2013」の読者投票部門で、「鉄聞」が第1位を受賞したのだそうです。

「鉄聞」のほのぼのとした手書きの紙面を見ると、なんだか懐かしの学級新聞や夏休みの自由研究を思い出しますね。「JR九州のたのしい列車を、全国に広めたい!」という想いやぬくもりがダイレクトに伝わってきます。東京からの視点で捉えた九州、「いつか行ってみたいな」と思うようなわくわく感がいいですね!女性スタッフの方が1人で編集されているそうですが、きっと手間はかかるけど、九州が大好きで、この新聞を本当に楽しみながら作っていらっしゃるんだろうなと思います。第19号の「鉄聞」に描かれた肥薩線、アナログだからこそ伝えられる魅力がぎゅっと詰まっていておすすめです。

« 肥薩線講演会、2月2日に吉松で開催 | トップページ | 「田園シンフォニー」に乗ってみたい♪ »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道関連」カテゴリの記事

JR肥薩線」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手書きのぬくもり「鉄聞」:

« 肥薩線講演会、2月2日に吉松で開催 | トップページ | 「田園シンフォニー」に乗ってみたい♪ »