お知らせ

  • <ブログの著作権について>
    ブログ「ゆうばがわワールド」の著作権は、運営者のゆうばがわに帰属します。このブログの写真や文章の無断引用・無断転載は、著作権法にもとづき禁じられています。 こちらに何の連絡もなく、写真や文章、取材内容を無断で利用して記事を作成するような、キュレーションメディアやブログ等への引用・転載は、固くお断りします!!! このブログの写真や記事の引用を希望される場合は、トラックバックやコメント欄にて必ずご連絡下さい。掲載の際はリンク先に「ゆうばがわワールド」を明記して頂くようお願いします。 © yuubagawa All Rights Reserved.

« 一勝地で「必勝!合格祈願」 | トップページ | 手書きのぬくもり「鉄聞」 »

2014年1月30日 (木)

肥薩線講演会、2月2日に吉松で開催

こんばんは、木綿葉川(ゆうばがわ)です。このブログに訪れてくださってありがとうございます。

2月2日(日)に「100年レイル肥薩線 世界遺産講演会」が開催されるそうです。

P1010896

この講演会は、肥薩線沿線の14市町村から構成される“肥薩線を未来へつなぐ協議会”が主催するもので、今回は「住民が支える文化遺産」をテーマに、文化財保存計画協会代表の矢野和之氏が登壇予定です。

肥薩線は明治42年(1909年)に全線開通し、100年以上の時を経た今もなお、現役で活躍している貴重な鉄道路線です。明治時代における鉄道・土木技術の結晶ともいえる国内初のスイッチバックや、2000メートル級の長いトンネル、開業当時のままの姿をとどめる風情漂う駅舎など、全国の鉄道ファンを魅了するたくさんのみどころがあります。

八代駅から隼人駅まで、肥薩線の沿線そのものが実は貴重な鉄道遺産なのですね。そのことを次世代に伝えるべく、肥薩線を世界遺産にしようという動きが数年前から始まっているそうです。

会場は吉松中央公民館(鹿児島県湧水町)にて13時~15時、入場は無料。詳細はこちら 。ご興味ある方はぜひ講演会にも足を運んでみてくださいね♪

« 一勝地で「必勝!合格祈願」 | トップページ | 手書きのぬくもり「鉄聞」 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道関連」カテゴリの記事

JR肥薩線」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肥薩線講演会、2月2日に吉松で開催:

« 一勝地で「必勝!合格祈願」 | トップページ | 手書きのぬくもり「鉄聞」 »